ロゴマーク日記

6

ロゴマークは一見しただけで特定のブランドである事が理解できるきっかけになりますし、ロゴマークが存在しているが故に優れたデザインの製品がますます魅力的にもなるため、デザインと共に製品選びをする理由にもなります。

そのため各ブランドは並々ならぬ拘りを持っているのですが、特に世界的に羨望の的になる事例が多い高級ブランドに関しては、ブランド名の頭文字を取った文字のフォントに拘る事により、他のフォントを用いた事例よりも伝統や高級感が尚一層伝わるようにしています。

さらに、用いる文字は細部に至るまで拘り抜かれているため、少しだけ文字を斜めにして洗練された印象を与えるきっかけにもなっています。

また、現在存在しているブランドの中には創業時とは異なる製品の展開を多く行っている事例もあり、元来高級な馬具を開発し展開していたブランドは、今日では世界的に認知度が高くて羨望の的になっているファッションブランドです。

そのように元来は馬具の開発と販売を行っていたブランドであるが故に、現在のようにファッションアイテムが多く取り揃えられている状況下であっても、ロゴマークには創業したきっかけになった馬や馬車などがあります。

ロゴマークの中にはじっくりと考案していた時に偶然生まれた事例もあり、高級なバッグなどを販売しているブランドは、ロゴマークを考案している時に文字が印刷されている紙が偶然重なり合っていた事が誕生の所以です。

しかも、使用されている文字が少ない点が一見して特定のブランドである事が理解できる理由にも繋がっているため、ロゴマーク自体はもちろん周囲にも装飾を施さずに徹底してシンプルになっています。

尚且つ、イギリスにて誕生して世界中の子供達から年齢が高い方に至るまで支持され続けているブランドは、勇敢さが感じられる騎士が採用されている様子から、ファッションに興味関心がある方のみならずスポーツなどにも興味関心がある方からも支持されています。

ロゴマークといえば一見して分かりやすく、それが何をあらわすものなのか明確に作成することが重要です。

例えば病院であれば安全や安心、清潔感や信頼性といった点がポイントになります。

こうした連想されるキーワードをリストアップしたり図形に落とし込んでいくことが、ロゴマークの作成における基本です。

不特定多数の老若男女が目にするだけでなく、何度も目にすることになりますから、覚えやすくて不快感を与えないことも大切です。

既存のロゴマークに類似する図形は混乱を招くので、作成の前にはリサーチとして類似するものが存在していないか、十分に調べて確認する必要があります。

それから、伝えたいメッセージとは異なる意図が伝わってしまわないように、誤解を招く要素を排除することも大事です。

具体的には形状を明確にしつつ、他のものに見えてしまわないように形状をシンプルにしたり、デフォルメを行うことです。

また色の組み合わせもポイントで、やはりこちらも誤解を招かないロゴマーク作りが必要となります。

病院は怪我や病気で不安な時に安心を与えてくれる存在で、本当に困った時に駆け込める場所でなくてはいけないです。

そう考えると、ロゴマークは人を選ばず誰でも、いつでも受け入れてくれる印象を与えることが、デザインを設計する上でのヒントになるでしょう。

いずれにしても、形状は尖ったり角ばっているよりも丸みを持たせる、色使いは目にも優しい配色を行うことを心掛けると、病院に適したロゴマークになるはずです。

もう1つデザインのヒントになるとしたら、それは診療科を印象づける形状を取り入れることです。

眼科ならメガネ、歯科なら歯の形というように、病院ではロゴマークに診療科に関係ものがデザインに用いられています。

地域に根ざす印象を与えたいのであれば、地域を象徴する形状をデザインに取り入れるのも1つの方法です。

ただ、あれもこれも取り入れてしまうと、一見して何の形をあらわしているのか分かりにくくなるので注意です。

文字を入れるのも病院のロゴマークの定番ですが、文字も形状や色、大きさや位置をしっかり考えて入れることが肝心です。

不動産業界は一般の人には中々馴染みが少なく、会社ごとの違いがわかりにくいことからブランディングが特に重要視されている特徴があります。

これは全国規模で不動産業を展開している企業から、地域に根付いた企業も同様であり、新しい土地から引っ越しをされてきたお客様にとって不動産業者を軸に物件を探すよりも、良い物件を探すため1度に複数の不動産業者を回る方が少なくないためです。

そこでお客様側からこの不動産業者なら安心して任せられると感じてもらうための方法として、役立つのが「ロゴマーク」です。

実際に会社の名前は覚えていなくても、印象的なロゴマークは記憶に残りやすく、実際に〇〇の形をしたロゴマークの企業で良い物件を見かけたと認識してもらうことで、土地勘がない方でも来店してもらえるチャンスが増え、契約獲得の決め手になる可能性が高くなります。

では実際に不動産業界のロゴマークに求められるポイントとは、安心感と信頼感を感じさせることが出来るデザインであるかという点です。

お客様にとって物件選びは自身の将来を決めるほどの重要性があり、立地の良さや価格など重要視するポイントは人によって異なりますが、何より今後自身が安心して生活出来る場所かという点はどんなお客様も感じている部分です。

そこで安心して部屋探しを任せられる不動産会社、信頼できそうな会社に仲介を依頼したいと感じるのは当たり前といえます。

そのため不動産業者のロゴマークには、安心感と信頼感を感じさせるようなデザインにすることはもちろん、ひと目で会社の特色がわかりやすいものを取り入れれば、他社との差別化を図りやすくなり、その特色を求める方の目に留まりやすくなり来店しやすくなります。

実際に取り入れられているデザインの1つが、未来の開花をテーマにしてデザインされた「花」や、信頼や安心、知性や繁栄、好奇心や親しみを込めて緑や青、オレンジといった多彩な色をロゴマークに使用することで、見た人に親しみやすさを感じてもらうことが重要だと考えられています。

会社ロゴを作るときに役立つ情報をまとめました。

会社ロゴの作り方

 

ロゴマークのロゴは、企業や団体の理念やアイデンティティを表したものです。

ロゴマークは企業の顔となり、象徴するアイコンになります。基本の形として、縦型と横型の物があります。

横型のメリットとして、高さが小さいのでヘッダーに掲載しやすいという利点があります。

また、ロゴタイプが見えやすいので良いイメージを与えることが可能です。

しかし、横に長すぎる場合は、文字が見えなくなる場合があります。

例えば、掲載場所の横幅に制限がある場合や、企業のスポンサーでロゴを並べる時などです。

縦長のロゴは、余白ができやすいのでスタイリッシュで洗練された印象を与えることが出来ます。

ですが、縦に長すぎると、Webサイトのヘッダーに掲載することが難しくなります。

文字が小さくなる場合もあるので、見えにくいと感じられる場合もあります。

その他の形として、正方形や丸型もありますが、印刷物にしやすいというメリットがあります。

ステッカーやネームタグなどに利用でき、様々な所で活躍します。

デメリットはWebサイトのヘッダーに掲載しにくいという点です。

これらの悩みを解決するものとして、ハイブリッド型があります。縦と横の両方のパターンのことをハイブリッド型と呼び、様々な場所で掲載できるようにデザイナーにロゴデザインを依頼します。

ロゴマークを作る上で大切なのは、表現したいことを決めることです。

会社や企業の強みや歴史を表現すると良いでしょう。

表現したいテーマを明確に決めておくと、デザイナーも意図を汲み取った素敵なデザインを作成できます。

ロゴマークは、ロゴデザイン作成ツールやロゴ販売サービスで制作することが可能です。

便利なツールを使えば、手軽に自分で作成することができ、プロに依頼すれば費用は高くなりますが、洗練されたロゴマークを作ることが出来ます。

簡単に作成できる便利なツールや、ノウハウや知識が豊富な制作会社のどちらを選択するかは、予算や用途によって使い分けることが大事です。

企業はそれぞれ個性的なロゴマークを、持っています。

ロゴマークは色々な場面で見かけるもので、例えばTVや動画サイトで流れるコマーシャルでも登場します。

映像の最初や最後によく表示されており、どこの企業の広告なのか直感的に分かるようになっています。

魅力的なサービスや製品のコマーシャルを見かけた時、視聴者はそれがどこのメーカーの物か、どこで購入できるか、知りたいと感じるものです。

ロゴマークを映像に添える事で、自然な形で企業の存在感をアピール出来ます。

商品のパッケージにもロゴマークは、印刷されています。

特に近年では量販店に、数え切れない程の商品が並んでいます。

ユーザーによって商品を最終的に購入する決め手は、違っていますが自分の好きなメーカーの物をなるべく買いたいと思うものです。

商品パッケージの目立つところに、ロゴマークを配置する事で自社の製品である事をしっかりとPR出来ます。

配置する場所は自由ですが、効率的に一般消費者に存在感を伝えるためには実際に棚に置かれた時の視認性を意識しなければなりません。

棚に並んだ時、遠くからでもキチンと見えるか、ライバル企業の商品と隣り合わせになった時に個性が引き立つか、そういったポイントを意識して印刷する箇所を吟味したいところです。

ロゴマークは、文字通り企業のイメージを表すシンボルとなります。

企業イメージを刷新したい時はロゴマークのイメージチェンジを行ってみるのも、一つの戦略です。

例えば、経営方針の転換を受けて女性向けのサービスや製品販売に特化していきたい場合は、フェミニンなムードが醸し出せるデザインが適しています。

丸みを帯びた可愛いフォルムを意識したり、優しさや落ち着きが感じられるピンクやライトパープルを基調としたイメージカラーを意識する等、コンセプトを練ってから作成する事が大事です。

年配の方向けの高級志向なブランドを展開したい場合は、元々のロゴマークに加えて新ブランド専用のデザインを別途作成してみるのも良い作戦です。

日本には様々な会社があります。

その数は数百万社などともいわれます。

株式会社から合同会社、今は設立することが出来なくなった有限会社など形態も様々です。

大企業と言われるような誰でも知っている会社もあれば、町工場などの中小零細企業なども大企業以上の数が存在しています。

これらの企業は日本だけではなく、世界経済を支えているのです。

このように様々な企業がありますが、その企業にはたいていロゴマークが存在しています。

ロゴマークは普段何気なく意識していない人も多いのではないでしょうか。

しかし、大企業の名前を挙げてすぐにそのロゴマークが思い浮かべることが出来る人は多数いることでしょう。

ロゴはとても企業には大切な存在なのです。

特に大企業ではテレビなどでのcmも行っているので、ロゴマークをすぐに思い浮かべることが出来る人は多いです。

中小零細企業であってもロゴがある企業はたくさんあります。

大企業ほど思い浮かべやすくはないかもしれません。

しかし、会社の存在を覚えてもらうためにはロゴマークはとても大きな存在です。

会社の顔は代表取締役ですが、もうひとつはロゴマークも会社の顔なのです。

ですから、これから起業をしたりする人は、自分が立ち上げる会社のロゴを考えるかもしれませんが、出来るだけ人に覚えてもらえるようなものにするべきでしょう。

インパクトが大切でもありますし、なによりもシンプルに覚えてもらいやすいロゴが理想的です。

ロゴを見ただけでどの会社か判断できるようになればしめたものです。

もちろんかいしゃの代表がロゴを考えても良いのですが、それを専門に考えてくれるデザイナーやショップに依頼するのも一つの方法です。

もしも社長が考えたロゴがインパクトの薄い物だと、覚えてもらいにくいものになってしまう可能性もあるからです。

ロゴマークデザインが専門の人に依頼をすれば費用は掛かりますが、それ相応の会社に則したロゴマークが出来上がります。