ロゴマーク日記

1

日本には様々な会社があります。

その数は数百万社などともいわれます。

株式会社から合同会社、今は設立することが出来なくなった有限会社など形態も様々です。

大企業と言われるような誰でも知っている会社もあれば、町工場などの中小零細企業なども大企業以上の数が存在しています。

これらの企業は日本だけではなく、世界経済を支えているのです。

このように様々な企業がありますが、その企業にはたいていロゴマークが存在しています。

ロゴマークは普段何気なく意識していない人も多いのではないでしょうか。

しかし、大企業の名前を挙げてすぐにそのロゴマークが思い浮かべることが出来る人は多数いることでしょう。

ロゴはとても企業には大切な存在なのです。

特に大企業ではテレビなどでのcmも行っているので、ロゴマークをすぐに思い浮かべることが出来る人は多いです。

中小零細企業であってもロゴがある企業はたくさんあります。

大企業ほど思い浮かべやすくはないかもしれません。

しかし、会社の存在を覚えてもらうためにはロゴマークはとても大きな存在です。

会社の顔は代表取締役ですが、もうひとつはロゴマークも会社の顔なのです。

ですから、これから起業をしたりする人は、自分が立ち上げる会社のロゴを考えるかもしれませんが、出来るだけ人に覚えてもらえるようなものにするべきでしょう。

インパクトが大切でもありますし、なによりもシンプルに覚えてもらいやすいロゴが理想的です。

ロゴを見ただけでどの会社か判断できるようになればしめたものです。

もちろんかいしゃの代表がロゴを考えても良いのですが、それを専門に考えてくれるデザイナーやショップに依頼するのも一つの方法です。

もしも社長が考えたロゴがインパクトの薄い物だと、覚えてもらいにくいものになってしまう可能性もあるからです。

ロゴマークデザインが専門の人に依頼をすれば費用は掛かりますが、それ相応の会社に則したロゴマークが出来上がります。